顔脱毛をすることで肌荒れを起こすリスクが!? 肌荒れを防ぐには

lgf01a201311150300

なぜ顔脱毛をすると肌荒れになるリスクがあるのでしょうか?

それは、脱毛の際に毛根を焼き切るために高出力の光やレーザーを当てるといった処理を行っているからです。

高出力の光を当てるのは言ってみれば日焼けをしているのと同じ日焼け止めなしに炎天下の中にいたら肌がボロボロになるのは目に見えてわかると思います。

このような理由で、顔脱毛をすると肌が荒れてしまうといったことになりかねません。

 

ですが中には顔脱毛をすると美肌に慣れるといった噂も聞くことがあると思います。なぜそのような違いが生まれてしまうのでしょうか?

 

それは。肌荒れを抑えながら顔脱毛をすることができる最新の機器があるからです。

顔にダメージを与えることなく脱毛ができるのであれば、毛が減ることによって毛穴が減り美肌に繋がります。

 

 

肌荒れを防ぎながら顔脱毛ができるのは?

肌荒れを防ぎながら顔脱毛をしたいのであれば、ハイパースキン脱毛という脱毛法を使っているサロンに通うのがおススメです。

ハイパースキン脱毛は従来の顔脱毛とは違い、低出力の光で脱毛をすることが可能です。

そのため、顔を脱毛しても肌荒れを起こすことがほとんどありません。

ですが、そんな弱い出力で脱毛ができるのか不安だという方もいるようです。

 

その点はご安心を、ハイパースキン脱毛はすでに生えている毛に対してではなく、これから生えてくる毛に対して脱毛処理をするので少ない出力の光でも脱毛をすることができるんです。

 

なので、脱毛の効果が見えるのはレーザーなどと比べると少し遅れますが、顔の肌荒れを引き起こすリスクが少ないと考えれば納得できるはずです。

 

京都にキレイモは何店舗あるの? 全店舗の口コミまとめ

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ